安全性も考えて選ぶ

夫婦

時には壊れる必要がある

名古屋には、結婚指輪を選ぶときにできるだけ壊れにくい指輪を選びたいと考えるカップルもいるようです。そのようなカップルは、名古屋の宝飾店やジュエリー工房で硬度の特別に高い金属を指定して結婚指輪を作ってもらっています。それというのも結婚指輪は二人の愛の象徴なので、永遠に壊れない指輪が普遍の愛のしるしとしてふさわしいというイメージがあるためです。名古屋に限らずこうしたイメージを抱いているカップルは存在しますが、結婚指輪に限っては、必ずしも壊れないことがよいこととは限らないので注意が必要です。緊急の場合には、むしろ結婚指輪はちゃんと壊れてくれた方がよいといえます。結婚指輪を壊さなければならなくなるような事例は、全国各地で発生しているのです。

ゴールドやプラチナは安全

結婚指輪が抜けなくなることは日常でもままあることで、どうしても抜けなければリングカッターを備えた宝飾店で切ってもらったり、そうした店がない場合には消防署のリングカッターを使って切ってもらったりすることになります。しかし、日常生活の中でならばまだよいのですが、問題となるのが交通事故や作業現場での事故です。こうした事故は名古屋でも頻繁に起こっています。そのようなときに、結婚指輪を一刻も早く切らなくては指が危ないという場合があるのですが、硬度の高すぎる結婚指輪の場合はリングカッターでも切れないことがあるのです。そのため、名古屋で結婚指輪を選ぶ際には、こうした点も考慮に入れて素材を選ぶことが大切です。一般によく用いられるゴールド・シルバー・プラチナの場合にはそのような心配はありません。